memo

先月用事があって普段乗らない電車に乗ったら
沿線で花火大会があったらしく
浴衣の女性がいっぱいいて思いがけず目の保養。

そこへ乗ってきた「愛読書は小悪魔アゲハです」なふたり。
金髪にギャルメイクで
「おまえそれ千円ショップで揃えたろ」な
安っぽい趣味の悪い浴衣を下品に着こなしておりました。

早速携帯が大音量で鳴る。
携帯いじりまくりだろうどうせと思ってたけど、
「いやだ、切るの忘れてた。恥ずかしい」と囁いて
千円ギャルは即効で電源を落とした。

乗客がだんだん増えてきて、
ギャルズの右隣のひとり分しかないスペースに、
オシャレでステキなカップルの女性が座った。
カップルの男性の方は離れた席に座った。

しばらくしてギャルズの左隣が一つ空いたとき、
ギャルズは何も語らずお互い目だけで合図し、
すっと左に詰めてカップルの女性の隣を空けてあげていた。

カップルは何も言わず会釈もせず並んで座った。

そうか、千円ショップ浴衣なのは
この子達が円光も万引きもカツアゲも親のすねかじりもせず
自分のお小遣いやバイト代だけで浴衣揃えようとしたからなんだ、
そう思った私はものすごく恥ずかしくなりましたとさ。

No.26782 浴衣 - コピペ運動会 (via mcsgsym)

ええはなしや

(via odakin)

さっき、いけふくろう前で、白髪のご婦人の手をとりゆっくり歩く白ギャルをみたかけた。(西武線方面通路から)

まるで、このコピペのようだが
もしかしたら孫とかかもしれないとか
思いを巡らせていたら

JR北口改札がどうにか見える位置いくと
ギャルは改札に指をさして、ご婦人は丁重に頭を下げていたし、おそらく他人。
15秒くらいだったかな、なんか幸せな気分になりました。

日本の無名大学にやってくる外国人は本国でもレベルが低い人たちです。中国のまともな大学に入れないが、お金だけはあるという層の人たちが来ている事例が多いと思います。 首都圏でも中国人留学生を3-4割取ることで定員割れを防いでいるドン底私立大学があります。なぜこういうことができるのかというと、国から補助金が出ているからです。彼らは日本人の半額くらいの学費で来ています。アメリカなら、貧しいがいい人材だと世界中の子供たちに奨学金をドンと出します。日本はダメな留学生に大量にお金を出しています。これは深刻です。国民の税金で「出来の悪い外国人と本来ならつぶれている大学を支える」なんてナンセンスです。
瀬戸内だとメイタガレイをメダカカレイと呼ぶ場合もあり、この写真はなんら不思議ではない。

瀬戸内だとメイタガレイをメダカカレイと呼ぶ場合もあり、この写真はなんら不思議ではない。

とんかつすずや奥のスペースならこの構図の逆さで撮影できるね

とんかつすずや奥のスペースなら
この構図の逆さで撮影できるね

考えてみりゃ日本も変な国だ。
取り入れる文化がものすごく好き嫌いはっきりしてるのな。
 
 
 
纏足も宦官もとうとう最後まで受け入れなかったし、
逆に、まあまあ、まあまあ、そこはちょっとおいといてとか言いながら
こっそり坊さんは妻子持ってたりするし、そういう無意識の
取捨選択が幾つもあるというか、そういうのがすごく面白い。

イスラムのラマダンとかも今は受けが悪いけど、メタボリックに効く!
イスラムのラマダン健康法! 国民が一斉に一ヶ月ダイエットをすれば
失敗する確立も減ります! とかあることないこと、あるあるとかで
言いまくればぶわーっと広がって、微妙に困りつつイスラム世界は
日本じゃしょうがねえなあと生暖かくブームを見守りそうな気もする。

欧米のゲイがそういう日本に来てほっとしたといっていた。
僕のいた世界は黒と白しかない。正義か悪かの二択しかない。
日本にはグレーの世界がある。許容もされないが拒絶もされない。
声高に存在意義を訴えなくても、静かに暮らしていれば緩やかに
生きていける。やわらかな、水墨画のようなグレーの世界。
僕はもう、欧米の容赦ないコントラストの世界は疲れてしまったと
語っていたのが今でも印象深い。

aurorae:

Alexander McQueen, pre-fall 2013

aurorae:

Alexander McQueen, pre-fall 2013

[大阪発の東京方面へ向かう場合の個人的TIPS]

・難波や梅田から新大阪駅に向かうのであれば、御堂筋線の5号車、進行方向に向け2番目ドアに乗る

・新幹線は博多側に向け1号車~の並びは固定。上り列車は先頭は16号車。
 車内も普通車であれば16列が進行方向

・山側席で撮影音がしたらおそらく富士山を撮影しているので、富士市付近であることが多い
 あと約50分で東京駅着と考えるべき

・「時刻通り小田原通過」したアナウンスがはいったら、あと26分で品川駅、31分で東京駅

過去の栄光を語るおっさん
そういえば5年くらい前に昼過ぎの空いた電車に乗っていたら

それまでカバンを抱えて座っていた40代後半くらいのおっさんが
停車駅でもないのに急に立ち上がった
おっさんは額から頭頂部まで禿げ上がっていて身長はかなり高く
痩せ気味ではあるものの骨格が太くいい体格だった

おっさんは目を半眼のようにして
直立不動で何やら軍歌のようなものを大声で歌い始めた
歌い終わってから
「みなさん聞かれたことがあるかもしれませんが今のはPL学園校歌です
私は在学時野球部で5番を打っていました 惜しくも甲子園には行けませんでしたが
・・・私は昨日付けで会社をクビになりました
なりましたが・・・しかしめげませんよ
野球部時代を思い出してこれからも頑張ります」と言って座った
最後の方の声はややかすれがちだった

まばらだった他の乗客はあっけにとられていたが
小さい声で「そうか、ガンバレよ」と言った人が一人いた



781: 本当にあった怖い名無し:2012/11/14(水) 16:07:23.79 ID:0zfPSvxQ0
それでこのおっさんの態度が印象に残ってたんで
会社の飲み会の2次会で居酒屋に行ったときに皆に話したんだよ
そうしたらみなちょっとシュンとなって
この景気じゃ人ごとじゃないよな、みたいな雰囲気になった

そしたら居酒屋のついたての向こうにいたタイガース帽のおやじが話を聞きつけて
顔をのぞかせ「それ、阪急宝塚線だろ」と聞いてきた
「そうだ」と言うと、おやじは
「それ幽霊だぞ しかも嘘つきの幽霊だ 会社を首になったのは何年も前だし
そのすぐ後に首を吊って死んでる 年に数回出るからあの沿線じゃちょっと有名だよ」
と言うんで

「幽霊とは思えなかったな 生きた人にしか見えなかったよ それで嘘つきってどういうことだい」
と聞くとおやじは
「最初に出たときはPLの8番バッターと言ってたんだよ それがだんだん打順が上がってきた
人間死んでからまでも見栄をはりたいんかねえ 次は4番バッターになってるだろうよ」と言った
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『光の誓い』:哲学ニュースnwk (via tsundere)

平日昼過ぎの阪急宝塚線車内でたんぶらー開いてたら目にした記事。

petapeta:

Фотоподборка (90 фото)
lulz-time:

 
Does she know?

(via/follow Death by Lulz)